お得を探そう!東京の家具屋さんガイドブック » 家具屋さんのショールーム・店舗ぶらり訪問日記 » 東京のエリアごとで見た家具屋巡りの楽しみ方

東京のエリアごとで見た家具屋巡りの楽しみ方

東京には家具を扱う店舗が、まだまだたくさんありますよ。エリアごとで見てみると、家具屋を効率よく回ることができますし何より穴場のスポットが見つかるかも。ここではおすすめのお店を交えて紹介していきます。

エリア別に見る東京の家具屋の巡り方

新宿駅周辺

新宿駅周辺でおすすめなのは、新宿駅の南口から歩いて10分位のところにあるリビングデザインセンターOZONE。

インテリアショップがたくさんある複合商業ビルで、暮らしに役立つイベントやインテリアコーディネートの事例がたくさん紹介されています。

複合施設の場合、より気に入ったインテリアを見つけることができました。それはひとつだけでなく、他のインテリアを見て回ることによって、いろいろなコーディネートを比較できるところがあるからでしょう。自分の家に合った家具が見つかるのも楽しみのひとつです。

また、新宿駅の周りには家具屋以外に、家電量販店もたくさんあります。インテリアだけでなく家電も一緒に見ておけば、自分の部屋にどのような家電があったらいいのかというイメージもしやすいです。

西口にはヨドバシカメラ、ヤマダ電機、東口にはビックカメラと大型量販店がたくさんあります。

目黒通り

東京でおしゃれな家具屋が集まるスポットと言えば、目黒通り。目黒通りには多くのインテリアショップが集まっていて、インテリア好きの聖地と呼ばれるほどです。目黒通りにいるだけで、テイストの違う家具屋を何軒も回ることができます。

おすすめの家具屋1軒目は、レトロモダンな家具好きにたまらない「Fusion Interiors(フュージョンインテリアズ)」。目黒通り沿いにあるお店で、北欧家具を中心にオーナー自ら買い付けと販売をしているそうです。

1960年代を中心にヴィンテージものの家具が多いため、中にはオーナーが修復した商品もあるのだとか。しかし、丁寧に修復されているので、状態もよく程よいデザインの味と家具が長持ちすることで定評があります。

そして、2軒目は「libur sini(リブールシニ)」というアジアンテイストの家具屋。竹や籐などの天然素材を使用したインテリアを中心に、日本にはないデザインの家具が見つかりますよ。

libur sini(リブールシニ)で販売されている家具の特徴は、デザインは日本、インドネシアで生産されていること。そのため、海外産とは言っても、日本人が使いやすいように設計されているのがポイントです・

最後に3軒目は、BRUNCH(ブランチ)というインテリアショップ。無垢材にこだわった天然素材の家具が豊富にあります。

この店舗の系列が近くに何軒かあって、木のぬくもりとモダンテイストをかけ合わせた店舗からデザイナー家具を専門に扱う店舗まで幅広くあります。

どの店舗も目黒通りにあるので、好きなテイストの家具を探しながら休日を過ごすのもおすすめですよ。

渋谷駅周辺

渋谷駅周辺は全国展開しているインテリアショップや雑貨店が多く、無印良品や東急ハンズ、Francfranc(フランフラン)も集結しています。この3店舗は品揃えはもちろんのこと、シンプルかつ実用的な家具が買い揃えられます。

他にも、3COINSのような300円で雑貨が買える激安ショップもあるため、インテリアに合わせて雑貨を買い揃えるのにピッタリです。

一方で海外製のデザイナーズ家具を扱っているarenot(アーノット)があり、他にはない一点物のインテリアアイテムを探すこともできますよ。

表参道

表参道は表参道ヒルズのように、多くの商業施設がありその中には様々な家具屋やインテリアショップがあります。

特に人気なのか表参道にあるhhstyle(エイチエイチスタイル)青山ショールーム。デザインチェアを数多く扱っていて、トレンドから定番まで幅広い品揃えです。

店舗が広く美術館のように展示されているため、お部屋のアクセントになるような面白いデザインチェアに出会えます。

そして、表参道にはカラフルでカワイイ雑貨が好きな人にピッタリなASOKO(アソコ)もあります。リビングダイニンググッズからステーショナリーまで幅広く商品があり、見ているだけでも楽しいお店です。1,000円以下で購入できるプチプライスなところも魅力のひとつなので、お立ち寄りスポットにおすすめですよ。

また、シンプルな家具に興味がある人は、art style market(アートスタイルマーケット)に行ってみてください。ステンレス家具が多く、卓上電球やガラス瓶などのシンプルなアイテムが豊富です。

他には、ウッドユウライクカンパニーという、無垢材を生かした家具を扱う店舗もあります。長く付き合える家具があって、木の家具が好きな人には最高のお店と言えます。

このように東京には、まだまだ魅力的な家具屋やインテリアショップがあります。ですから、家具にこだわってお部屋を彩りたい人にはピッタリのお店が見つかるはず。

もちろん、ウィンドウショッピングだけでも楽しめるお店もたくさんあります。休日や早く仕事が終わった時には、エリアごとの家具屋巡りをしてみましょう。

家具を見るだけでなくイメージして楽しむ?

家具屋で家具を見る時は、ただ見るだけでなく購入した時のことをイメージするとより楽しみが広がります。

実際に購入するならと考えてみると、自分の部屋にはどのインテリアが合うかを考えてみましょう。

気に入っただけで衝動買いをして、実際に家に置いてみると邪魔になってしまう結果に終わるかもしれません。

普段の生活に合わせて家具を選ぶことにより、見て楽しめるだけではなく使って生活が豊かにすることができます。

例えば、ソファやイスを選ぶ時も実際に座って、素材の確認や座り心地も確認をします。見た目だけではなく、座り心地がいいものを選べば家でリラックスした時間が過ごせます。

また、日常的に使用する家具を選ぶ時は、使い勝手を重視して選びます。そうすれれば、ずっと使い続けられる一生ものに家具を見つけることができますよ。

CONTENTS
大型家具店のバーゲン&セール(フェア)