HOME » 家具屋さんのショールーム・店舗ぶらり訪問日記 » IDC大塚家具(新宿)

IDC大塚家具(新宿)

大塚家具(新宿)周辺の様子

お家騒動で話題の大塚家具。その後お店はどうなったか?一度は行ってみたいとおもっていました。というわけで、買い物のついでに新宿店へ行ってみようと嫁さんを誘いました。

仕事の関係で、西口の高層ビル街はたまに行くのですが、大塚家具があるのは南口。ひさびさにJRの南口の改札を通りぬけました。新宿駅の周辺は幅広い年齢層、様々な国籍の人でごった返していました。まさに日本一の繁華街、新宿といったところ。人ごみをかきわけるように歩いて、3分ほどで店舗に到着。甲州街道側の入り口から、さっそく店内へ。

ショールームはどんな感じ

入り口に置かれていたのは、「いかにも」な感じの高級家具ではなく、なんと「スター・ウォーズ」をテーマにしたコーナー。ハイアール製のR2D2等身大冷蔵庫や、登場キャラクター「ヨーダ」が飾られていたり、お年寄り向き、お金持ち向きという大塚家具のイメージが大きく変わりました。

大塚家具といえば、かつては「敷居が高い」「高級家具がメイン」「店員がしつこくつきまとうので落ち着かない」といったところが定評だった印象がありますが、現在はそういった心配とは無縁のようです。

「経営陣が交代して、入りやすいお店作りをしている」「新しく生まれ変わろうとしている」と教えてくれたインテリア関係の仕事をしている友人の言うとおりでした。

家具の展示方法も、高い家具をひとつずつ見せるというスタイルではありません。ダイニングセットやソファなどが中心のリビング・ダイニングフロアをはじめ、各コーナーは様々なライフスタイルをイメージした提案型のディスプレイがとられていました。以前と比べると、フランフランとかACTISのような若い女性向けの雰囲気のある売場になっています。

IDC大塚家具(新宿)の魅力!

オシャレな雑貨と家具が多く集まる東京で一際人気の家具屋さんが、IDC大塚家具(新宿)です。IDC大塚家具(新宿)が持つ魅力を分かりやすく6つに絞って紹介します。「以前から気になっていた」という方は要チェックです。

6つのポイント

①首都圏最大級のショールーム

IDC大塚家具の新宿ショールームでは、お気に入りのインテリアを発見しやすいように色々な工夫が施されています。

一般的なオシャレ家具屋さんであれば、こだわりの家具を少しずつ展示していることもありますが、IDC大塚家具(新宿)では違います。実用的なトータルコーディネートをしやすくするために、様々なライフスタイルを提案するコーナーが設けられているのです。

「家具ってこういう風に配置したら安心感が出るんだ」、「このベッドと棚を並べると北欧っぽくなるな」という感じで、イメージを掴みやすくなっています。家具が持つ本来の美しさと機能性を見せてくれる展示方法になっているので、ショールームに足を運ぶことで家具の魅力を再発見できるでしょう。

②幅広い客層に支持されている

IDC大塚家具(新宿)は幅広い客層に人気がありますが、その理由の1つがアクセスのしやすさです。車だと池袋方面・渋谷方面・高井戸方面・四谷方面からアクセスでき、電車であればJR新宿駅東南口から徒歩2分、新宿三丁目駅E9出口(副都心線)・A5出口(丸ノ内線)からは徒歩1分で行けます。

以前まで、「高級家具」として知られていた大塚家具ですが、より多くの方に魅力的な家具を紹介すべくコンセプトやデザインの幅を大きく広げていっています。これまでの大塚家具のよさを残しながら、更に洗練されたデザインと使いやすい機能性を併せ持つ家具を扱うようになったことが、幅広い客層に支持されている一番の理由です。

学校帰りや仕事帰りにデートスポットとして恋人同士で家具を見に行ってもいいですし、週末に家族で訪れても楽しめるでしょう。これから都内で一人暮らしを始める方や、オシャレなお店を構えるという方にも人気です。

③7万種類の人気アイテム

平日も週末も様々な客層で賑わっているIDC大塚家具(新宿)には、実に7万種類以上の人気アイテムが展示されています。実際に見て触れてイメージしながら家具選びができるので、計画的に購入できるでしょう。

また、1つのお店でいくつかのアイテムをじっくり見比べながら組み合わせをイメージできるため、「別々のお店で買った家具を並べたら、イメージと違った」ということも起こりません。

ただし、7万種類以上取り扱っているので、あれもこれも欲しくなるかもしれません。予め「英国風の部屋にしよう」、「どのくらいの大きさで何色の家具にしよう」と決めて行けば効率よく見て回れるでしょう。

④最低価格保証

品質に見合った価格を保証するために、最低価格保証も実施されています。他店より高い場合は、販売員に気軽に相談してみましょう。

相談した金額が適正価格と判断した場合は、配送前であればその金額に下げてくれることもあります。

⑤配送・組み立て・設置が無料

対象エリアであれば、無料で配送・組み立て・設置を行ってくれます。専門スタッフが丁寧に対応してくれるので、心配不要です。

また、家具の搬入時に不要になった古い家具の引き取り・下取りもお願いできるので、これまで使ってきた家具の処分に困っている方は是非相談してみてください。

⑥プロが部屋をトータルプランニング

「こういう感じでこういう風にしたいけど、どの食器棚を選べばいいかな?」、「予算いくらくらいでこれくらいの大きさのベッドが欲しいけど、デザインや材質のバリエーションはどういったものがあるのかな?」など、欲しいアイテムのイメージをいくつか持っている人は、IDC大塚家具(新宿)のインテリアコーディネーターに相談するといいでしょう。きっと、理想通りの家具を早く見つけられるはずです。

インテリアコーディネーターは単品購入の際も頼りになりますが、複数購入する際はより強い味方になってくれます。部屋づくりのプロが相談に乗ってくれるので、予算内で想像以上の素敵な部屋を実現できるでしょう。

アウトレットはもう古い?
リユースに取り組むIDC大塚家具(新宿)に注目!

なぜリユース商品を販売するのか

大塚家具では、使われなくなった家具の「リユース」を行っています。使われなくなった家具を買い取って、修理・加工・クリーニングを施すことで、上質な家具元来の価値を取り戻します。さらに、アイデアを加えることでより価値を高めること、それが大塚家具のリユースです。

ライフスタイルが変われば、それに合わせて使う家具も変わります。日本にある「もったいない」の精神を大事にしながら、「多くの人によい家具をより長く使ってもらいたい」という思いで生まれ変わった家具には、大塚家具ならではの美しさと機能性があります。大塚家具が提案する家具のリユースは、大量生産・大量消費・大量廃棄のサイクルに代わる未来への選択肢として、家具を愛する人にとても目されているのです。

リユース品の買取りシステムの紹介

大塚家具で家具を買い換える場合は「下取り」、買い替え予定がなく家具を引き取って欲しい場合は「買取り」になります。

下取りや買取りを依頼すると、スタッフによる「訪問査定」が行われます。もし、家具を新しく買い替えるなら、下取りをお願いしましょう。査定金額が1.2倍になる他、無料配送エリアであれば家具の引き取り手数料が無料になります。

買取り依頼でも、「大塚家具の商品券」に替えれば、査定金額の1.2倍で受け取ることができます。ただし、買取りの場合は家具の引き取り手数料が少なくとも3,000円以上掛かります。

どんなリユース品があるのか?

リユースして新しく生まれ変わった家具は大塚家具のホームページから購入可能です。椅子やソファー、デスクやテーブル、棚やパーティションなど生活にマストなアイテムが揃っています。

リユース品は値段が安く、見た目もオシャレなので、気になる人は定期的にチェックしてみてください。素敵なアイテムはすぐになくなってしまうので、「欲しい!」と思えるものに出会ったら、よく考えて早めに決断しましょう。

値ごろ感は、接客サービスは

一時間あまり滞在しましたが、恐れていたような、しつこいセールスや説明はなく、安心して家具を見ることができました。

品揃えは、「首都圏最大級のインテリアショールーム」というだけのことはあって、かなりのもの。家具がそれほど好きな人でなくても、充分に楽しい時間を過ごすことができる感じです。

嫁さんの意見によると、「前のような高額品ばかりでなく、クッションやスタンドライトなど小物に力を入れている」とのこと。とはいえ、ロープライス系、アウトレット系の家具ショップと比較すると、それなりにお値段はお高めです。