HOME » 家具屋さんのショールーム・店舗ぶらり訪問日記

家具屋さんのショールーム・店舗ぶらり訪問日記

家具を見にいきたい、東京の有名ショールームをご案内。

東京と周辺エリアの家具ショップのショールームめぐりの感想をレポートしました。

家具好きの私の目からみて、商品も接客サービスも、ココなら充分におすすめできる!ココのお店なら興味のある人がいるのでは?という基準でお店をピックアップして、その代表的なショールームへ足を運んで、店内をぶらぶらして、見たこと、聞いたこと、感じたことをレポートしています。

それぞれの店舗に到着するまでの街の雰囲気や店内の売場の感じやお客さんの様子、それから品揃え、値ごろ感、店員の接客・・・私が実際に体験したリアルな情報をまとめていますので、是非お出かけの参考にしてください。

今回とりあげたのは、次の5つの家具屋さんのショールームです。

【訪問日記01】IDC大塚家具(新宿)

  • 所在地/東京都新宿区新宿3-33-1
  • 営業時間/10:30~20:00

新宿南口の甲州街道沿いにある、有明本社とならぶIDC大塚家具のフラッグシップ的なショールームです。昨年話題となった経営陣の交代以降、経営方針も商売のターゲットも大きく変わったといわれますが、お店づくりにも、その変化はあらわれているようでした。高級志向一辺倒のかつてとは、違った面を持ち始めていることを紹介しています。

展示については訪問したときにとても目についた「スター・ウォーズ」をテーマにしたコーナーやハイアール製のR2D2等身大冷蔵庫がとても印象的だったことをふりかえっていました。またフランフランみたいに、女性が好きそうで、なおかつ気軽に入れるお店づくりがされていて、スタッフについては、一般的にイメージされるような、しつこいセールスや説明はないことを解説しています。

それから首都圏最大級のインテリアショールームというキャッチフレーズにふさわしい品揃えや、家具がそれほど好きな人でなくても、充分に楽しい時間を過ごすことができる店舗づくりである点を評価しています。ただし、激安系の家具ショップと比較すると、値段は高めであることも…。

【訪問日記02】多慶屋(御徒町)

  • 所在地/東京都台東区台東4-33-2
  • 営業時間/平日10:00~20:30(家具館別館1階ほかは21:00まで営業)

今や御徒町・上野エリアを代表する賑わいスポットになっている多慶屋。家具のショールームというよりは、膨大なアイテムを取り扱う老舗ディスカウントストアという認識を持っている人が多いのではないかという多慶屋ですが、家具屋としての実力もかなりのもの。信頼できる家具やインテリアを安く手に入れたいのであれば、絶対にはずせない選択肢としてレポートしています。

お店への向かう街の様子として、外国人観光客もひきつけている多慶屋の賑わい、全部で7つのビルがあること、家具館の場所などをご案内。

店内については、「国内外の一流メーカーの家具をどこよりも安く提供してくれる多慶屋の魅力」「限られたスペースに、お買い得な掘り出し物を市場から見つけてきて展示している」という売場の印象を記載しています。またお客から受けた注文に対する店員の対応ぶりを、リアルに掲載。店員の話を聞きながら、楽しそうに商品を選ぶカップルがとても印象的だったこと紹介しています。さらに、レポートのしめくくりとして、「めざす商品が絞れている人にとっては、多慶屋が最もお得な買い物ができるルートである」という個人的な意見を添えています。

【訪問日記03】ホームズ大正堂(相模原)

  • 所在地/神奈川県相模原市南区上鶴間本町9-50-45
  • 営業時間/平日10:30~19:00、土日祝日10:00~20:00

横浜、川崎、藤沢、相模原など、神奈川の主要な街を中心に、展開するルームズ大正堂。神奈川に住んでいる人だったら、一度は名前を聞いたり、ショールームを見かけたことがある家具ショップとして取り上げてみました。

お店のロケーション、店内の雰囲気や売場の特徴、品揃えや価格感について、家具好きとしての個人的意見をまとめています。いくつかのお店から、レポート先に選んだのが、国道16号沿い、町田インターの近くにある相模原の本店。お店の印象については、高級過ぎず、おしゃれ過ぎず、かといって安っぽ過ぎることもない、バランスの良さをルームズ大正堂の長所として評価しました。

その結果、幅広い層のお客があり、落ち着いて家具を選ぶことができるお店になっていることを解説しています。接客については、チェーン展開はしているものの、店員の対応は、決してマニュアル的でなく、とても柔軟性に飛んでいること、また、商品の交換の求めに気持ちよく応じていた場面にあったことなどをレポート。

その他にも、しつこくなく気持ちのいい接客、わかりやすい商品説明をルームズ大正堂の特徴としています。品揃えは、大正堂オリジナル商品をのぞくと平均的であること、値段はローコスト系のお店、チェーンよりはどうしても高価になってしまうが、同じような老舗系ショップとは同等の価格であると評価しました。

【訪問日記04】島忠(中野)

  • 所在地/東京都中野区南台5-24-13
  • 営業時間/10:00~20:00

埼玉を本拠に、ホームセンター、家具専門店を50店舗以上展開する島忠。店舗数も多いし、株式上場企業ですから、「島忠知っているよ」「家具を見にいくなら島忠行ってみようかな」という人は少なくないのでは?という考えから、島忠をレポートすることにしました。

島忠の店舗のあるところは、埼玉や東京でも周辺部が多いのですが、23区内の便利な場所ということで、島忠ホームズ中野本店をめざして出かけて、2時間ほど過ごしました。

お店のある街の様子は、丸の内線方南町駅からの道すがらを紹介しています。店舗については中野の住宅街の真ん中にあるにしては、けっこうな広さがあること、ホームセンターと家具がドッキングしていて、日常生活で欲しいものは、生鮮食品以外は、なんでもそろっていると紹介。

それから2階の家具売場のカリモク、シモンズなどの有名ブランドの展示コーナーの充実を特筆。全体的な品揃えについては、豊富で納得のいく一品を選ぶことができるとコメントしています。また、店員の接客について、お客との細かいやりとりを紹介し、「予想していたよりもいい感じ」と評価しました。さらに商品の価格帯については、低価格から高級品までの幅広さを特徴にあげています。

【訪問日記05】東京インテリア(幕張)

  • 所在地/千葉県習志野市芝園1-1-1
  • 営業時間/10:30~20:00

家具ショップやショールームの激戦区になっている幕張エリアで、家具屋めぐりを趣味にする私がまだ行ったことのない、行っておきたいお店として東京インテリア幕張店をとりあげています。目的地までの様子として、最寄駅の京葉線新習志野駅の周辺についてコメント。ショールームについては、想像していたより大規模で、展示品の数も広さに見合った充分なボリュームであることをレポートしました。

そして、売場づくりについては、工夫のされたスタイル提案型の商品展示にとても好感を持つことができたこと等を書き綴っています。それから店内に、いろんな遊具が置いてあるキッズランドが設けられていることから小さい子供を連れたお客が目についたことも紹介。

値段については、「テレビボードは安くない」「テーブルはまあまあ平均」「リビングセットは、安いわりに高品質」といった具合に、アイテムによってコストパフォーマンスにバラツキがある点への注意を促しながらも、無理なおしつけのない、ナチュラルな接客をおすすめのポイントとしています。