お得を探そう!東京の家具屋さんガイドブック » 部屋から選ぶインテリアのセール情報ブック » テレビ台

テレビ台

大型・薄型TVの普及で重要な家具に

テレビ収納家具の選び方のポイントをまとめてみました。大型の薄型テレビが一般的になって、今やテレビ台は、単にテレビをのせてAV機器を納めるだけでなく、より見た目も美しいテレビ収納家具へと進化しています。

テレビ収納家具の種類

設置する場所や収納する機器に合わせて、様々なタイプから選ぶことができます。テレビ台のタイプとしては、次の4タイプがあります。

■ハイタイプ

壁面いっぱいに設置でき、部屋と一体となったテレビ収納家具が、このタイプです。収納の多さが最大の特徴です。AV機器やゲーム機を中心に、物で溢れがちになってしまう、テレビの周辺。ハイタイプならは収納スペースがたくさんあるので、そんな悩みもバッチリ解決してくれます。ガラス扉や表面加工など、つくりや素材にこだわれば、高級感あふれる部屋になります。

■ロータイプ

大型テレビの収納家具として、最もポピュラーなタイプのテレビ台です。「寝転んでテレビを見るのが大好き」なら、迷わずロータイプを選ぶべきです。ほとんどに、AV、CS関連機器やゲーム機などを収納するスペースが確保されていて、ぱっと見は収納力が物足りなそうに感じるかもしれませんが、DVDなどが数百枚入る商品もあります。

■コーナータイプ

部屋の角(コーナー)をいかして設置できるテレビ台です。スペースに限られた部屋を有効に使うことができ、女性の1人暮らしのワンルーム、ファミリー世帯の寝室、子供部屋などに適しています。

■伸縮タイプ

台座の部分をスライドさせることでサイズを自由に調整できるタイプです。いろいろな部屋の広さや形に対応できるので、引越が多い、部屋の模様替えをよくするという方には最適です。テレビを大型に買い換える。テレビに横にパソコンも置くなど、様々なニーズに対応します。

■オープンタイプ

収納スペースの扉がついていない、「中味を見せるスタイル」のものです。AV機器の外観デザインなどをあえて見せることで、おしゃれな雰囲気を出すことができます。

■クローズドタイプ

収納扉がついているタイプのものです。ごちゃごちゃした機器を隠すわけですからで、スッキリした印象になります。さらにAV機器やゲーム機をしまい込むことになるため、小さなお子さまの事故や、イタズラの心配がなくなるという利点があります。

テレビボードを選ぶときのポイントは?

■サイズ

テレビボードを選ぶときに一番見なければいけないのはサイズ。大型テレビに小さなボードでは安定せず、逆に小型のテレビを大きなボードに載せるとバランスが取れず見栄えが悪くなってしまいます。テレビとテレビボードのサイズがしっくりくるものを選びましょう。

またテレビを見るときの体勢によっても、どのテレビボードが適しているかは違ってきます。床に座って見るならロータイプ、リビングで椅子に座って見るならハイタイプがおすすめ。部屋の広さでも視聴する環境は変わるため、部屋の広さやテレビのサイズ、どのような体勢で視聴するのかを踏まえてテレビボードを探しましょう。

■収納したいもの

次にチェックすべきは収納量。テレビ周辺で使うものはAV機器やゲーム機など色々あるため、収納場所をどこにするかでテレビボードの種類が変わってきます。AV機器にこだわりがある人や物が多い人は、収納量が多い製品を選ぶのが◎。テレビ周りがすっきり片付くので、部屋を広く使いたい人に最適です。「物をたくさん入れると圧迫感が…」という人は、ミドルボードを組み合わせて収納場所を確保するのもひとつの手。

逆に物が少なくキレイに整頓したいという人はシンプルなボードがおすすめです。最低限のものだけ入れておけば取り出しやすくスッキリした印象になります。

■掃除のしやすさ

テレビボードはその名の通り、テレビやAV機器など精密機器を置く家具。ホコリが溜まると漏電や発火の危険性があるため、こまめな掃除が欠かせない場所です。そのため、ボードを選ぶ際に掃除のしやすさも考えておく必要があります。

普段の掃除が楽なのは

  • 床との間に隙間がある足つきタイプ
  • 扉付きのホコリが入りにくいタイプ
  • ボードの位置が低いロータイプ

の3種類。これらは隙間が拭きやすくホコリが溜まりにくい特徴があります。ホコリが原因でトラブルが生じることがないよう、掃除しやすいテレビボードを選びましょう。

テレビ台おすすめブランド

マスターウォール

マスターウォールの商品画像

画像引用元:TABROOM(https://tabroom.jp/storage/tv-board/itm0006303/)

マスターウォールは名前の由来でもあるウォールナット材を使った家具作りにこだわり、品質と素材の追求を絶えず行っています。過剰な森林伐採をしないために資材の捨てる部分を極力減らし、注文を受けてから木取り・製造を実施。長い年月をかけて育った木材を余すことなく使い、自然に優しい家具を作っています。加工や仕上げ、梱包までを自社で行うことで、顧客一人ひとりに合わせた家具を製作。精度の高い設備と木材を扱うプロのハンドワークで製作した、品質の良い家具だけを届けています。

マスターウォールで扱っているテレビボードは無垢材をオイル仕上げで加工した「BASS AV BOURD」。木材の質感はもちろんのこと、引き出しにはブラックの強化ガラスを使った中が見えない仕上がりです。

ヒュルスタ

ヒュルスタの商品画像

画像引用元:TABROOM(https://tabroom.jp/storage/tv-board/itm0015530/)

1940年から続くインターナショナルブランドの家具メーカーヒュルスタ。「自分たちの目の届くところで品質を徹底管理する」という会社理念から、全ての製品をドイツ国内で生産しているのが特徴です。

1968年に世界で初めて「システム家具(使う人のライフスタイルに合わせた家具)」の理論を発案し、家具の新しい可能性を見いだしてきました。数々の金具特許技術と14の工程を経て仕上げられた表面材を用いて制作された高品質な家具は、世界で高い評価を得ています。素材は熟練のマイスターが伐採許可地域より選んだ最高級木材を使用。無駄に資源を使わず環境に優しい家具作りを推進しています。

ヒュルスタが提供する「now!time TV unit」は、自由な発想にもとづいたスタイルの家具。ナチュラルテイストからモダンデザインまで幅広く対応できるのが魅力です。ボックス・天板はナチュラルオーク、コアウォールナット、ホワイトラッカーの3種類から選択でき、色味や模様など気に入った木材で作ってもらえるのが◎。フラップドアのカラーと合わせて自由に組み合わせられるため、自分好みにカスタマイズするのもおすすめです。

ヤマハ

ヤマハの商品画像

画像引用元:ヤマハ株式会社(http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/hometheater-systems/theater-rack-systems/yrs-2500__j/?mode=model)

楽器事業だけでなく、さまざまなオーディオ機器を製作しているヤマハ。その歴史は長く、前身の日本楽器製造株式会社から数えると約110年に上ります。スタイリッシュで開放感のあるデザインの製品を多く製作しており、シンプルやモダンなどあらゆるデザインへの合わせやすさが注目されています。現在に至るまで楽器からBDプレーヤー、ヘッドホンなど幅広い製品を開発している会社です。

ヤマハの「YRS-2500」はホームシアターを兼ねた高性能テレビボード。木の質感を引き立たせるアルミ脚に高級感あふれるガラス板を組み合わせた天板が、インテリアとしても合わせやすくなっています。棚板は可変式の3段構成で、設置するオーディオ機器によって調節が可能です。ヤマハ独自のデジタル・サウンド・プロジェクター技術により、映画やライブ映像などを臨場感のあるサウンドで楽しめるのが嬉しいところ。ほかにもHDMIやBluetoothなど多くの機能を付属して製作されており、さまざまな用途に利用できる製品となっています。

自分の家に合うテレビ台を探しに行こう

選び方がわかったらテレビ台を見に行きましょう。自分の部屋に合うテレビ台が見つかるかもしれません。家具を探すときにおすすめなのがバーゲンです。バーゲンであればいろんな商品を直に見ることができますし、何と言っても価格が断然安いです。

東京近郊では定期的に家具屋さんがバーゲンを開催しています。もしかしたら掘り出し物に出会えるかもしれません。ぜひ行ってみてください。

>>東京近郊で行われる家具屋バーゲンの情報はこちら

リビング家具の選び方はこちら

CONTENTS
大型家具店のバーゲン&セール(フェア)