HOME » 部屋から選ぶインテリアのセール情報ブック » ソファ

ソファ

理想のソファを激安で手に入れるために

ソファを激安で手に入れたい方のために、ソファの購入に失敗しないための基礎知識について解説します。ソファは、リビングでもっとも存在感のある家具です。部屋全体の印象を大きく左右しますから、こだわりがいがあります。

ソファの種類

■カウチソファ

カウチ(COUCH)=寝そべることができるという意味のソファです。むかしカウチポテト族という言葉が流行りましたが、寝そべってポテトチップスを食べながらテレビをみるのにぴったりのソファです。

■ソファベッド

普段はソファとして、必要なときにはベッドとして使うことができる機能性に優れたソファ。「ソファとベッドの両方を置くスペースがないから」「来客用ためのベッドとして」などいろいろな理由で多くの方から使われています。

■クライニングソファ

文字通り、リクライニング(後ろに倒す)ことができるソファです。具体的には、背もたれを段階的に倒すことができるようになっていて、自分の好みの角度で固定して、寄りかかって座ることができます。

■ローソファ

脚がない、あるいは脚が短いソファです。脚の長いソファと比較すると「姿勢を正すために変な力を入れたり、肩が凝ったりしにくい」とされています。また軽量のため運び易いのも、ローソファの魅力です。

■コーナーソファ

L字型に組み合わせて、部屋のコーナーに置くことができるソファ。デッドスペースになってしまいがちな部屋のコーナーを活かすことで、くつろぎ感たっぷりの空間を演出することができます。

■デザイナーズソファ

有名クリエイターがデザインした、ハイセンスなソファをさして呼ばれます。ソファとしての機能性だけでなく、「魅せる」という効果を発揮して、部屋に特別感をだしてくれます。

■オットマン

フットストールとも呼ばれる、ソファや椅子の前に置いて足をのせるソファです17世紀にヨーロッパの広い地域を支配し、自国文化をひろめたオスマントルコ(英語でOttoman)から伝わった足をのせる長椅子に由来したものだといわれています。

ソファの選び方

ソファを選ぶポイントとしては、サイズや素材になります。素材は「革」「合成皮革」「布」「ビニール」のうち、無難さでいくなら、布だと思います。

ただし、汚れやすい、傷つきやすいという難点があります。また高級感を求めるなら革が一番です。革のソファは、「使い込むほど味わい深くなる」という魅力がありますが、手入れに気を使います。かといって、手入れが楽な合成皮革やビニールですが、どうしてもチープ感が出てしまうのが悩ましいところです。

「ソファの素材のテイストが自分の好みに合っているか?」「実際に置いた時に大きすぎたり小さすぎたりしないか?」などは、ネットやカタログを見ているだけで、うまく判断できません。写真では、質感や色が充分につかめないからです。

また、「激安を売りにしたアウトレット系ショップの海外製品などは、日本向けにはサイズが大き過ぎる」というトラブルも少なくないみたいです。ソファで後悔をしたくないなら、買おうとする現物のテイストやサイズを自分で確認してから購入するべきです。

ソファの大きさもチェック

ソファの大きさを見るときは、高さも考えましょう。ソファの高さは、「座面」の高さと、「背もたれ」の高さで見ます。

座面が低い方がリラックスできますが、低過ぎるとかえって姿勢が崩れやすくなり、立ち上がる際も難しくなります。足腰に自信がない人は、沈み込むタイプや低めタイプは避けた方がいいでしょう。

背もたれの高いソファは一見安定感が高いように思えますが、角度や形が使う人に合っていなければ逆に疲れやすくなってしまいます。さらに、視線のつながりが妨げられることで部屋が狭く見えてしまうでしょう。

座面が低過ぎず背もたれが高過ぎないソファで、座ったときに程よく姿勢を保てるものが理想です。

自分に合ったソファ選びでは、高さ同様に奥行きも大事です。奥行きの広いソファではあぐらをかくことや、色々な姿勢をとることができます。

クッションをいくつか置いて、くつろぎ方を工夫することもできるでしょう。

リクライニングできるタイプは背もたれを倒すことで奥行きが変わるため、選ぶ際は実際に角度を調整しながら座り心地を確かめましょう。

ソファの価格とサイズの目安

目安一覧

①1人掛けサイズ

10万円〜15万円くらい/900ミリ〜1,000ミリが主流

②2人掛けサイズ

10万円以内くらい/1,400ミリ〜1,600ミリが主流

③3人掛けサイズ

10万円〜15万円くらい/1,700ミリ〜2,000ミリが主流

④カウチソファセット

20万円~25万円くらい/2,600ミリまでが主流

⑤コーナーソファセット

30万円くらいまで/片方向の幅が2,500ミリ〜2,700ミリが主流

東京でソファを買うならここ!おすすめのインテリアショップ

東京でお気に入りの家具に囲まれて、おしゃれに暮らしたいという人は多いでしょう。

ゆっくりリラックスしたいときや気分をリフレッシュしたいときも、いい家具は「安らぎ」と「快適さ」を与えてくれます。「東京でソファを買うならこのお店!」というインテリアショップを紹介するので、参考にしてみてください。

高品質・おしゃれ・お手頃を叶えるショップ

八坂家具 本店ショールーム

【お店の特徴】

ソファや食卓、ベッドなどあらゆる家具の専門知識を持つスタッフが、ライフスタイルに合った家具を提案してくれます。

オリジナルブランドである「プレジール」は、高級家具を手掛けている海外メーカーから直接輸入しているので、とても安い値段で高級家具を購入できます。本店ショールームは八坂家具ナンバー1の品揃えを誇っているので、家具好きはぜひ足を運んでみてください。

【住所】

東京都青梅市新町4-21-7

【営業時間】

10:00~20:00/毎週火曜定休(祝日は営業)

ACME Furniture Meguro(アクメ ファニチャー 目黒通り店)

【お店の特徴】

20~30代から絶大な支持を得ているお店です。ソファをはじめ、その他の家具や雑貨もおしゃれなものが多いので、「このお店で、全て揃えている」という人も少なくありません。

甘過ぎず重過ぎないデザインのアイテムが揃っているので、男女問わずとても人気です。60~70年代のアメリカヴィンテージ家具を西海岸などから直接買い付けて、自社工房でフルメンテナンスを施して販売しています。

ヴィンテージの味わいを活かしながら新しく生まれ変わったアクメの家具は、どの部屋に置いても馴染みます。

【住所】

東京都目黒区目黒 3-9-7

【営業時間】

11:00~20:00/無休