HOME » 部屋から選ぶインテリアのセール情報ブック » ダイニングセット

ダイニングセット

選び方は、家族構成&ライフスタイルで決まる

テーブルとイスを組み合わせたダイニングセットの選び方をまとめました。

家具ショップにいくと、ひとつのコーナーとして、コーディネートされたダイニングセットが展示されています。自分や家族の好みやライフスタイルに合わせて、幅広い選択肢があるといえます。最近は、リビングとダイニングがいっしょになっているケースが多いので、リビングダイニングセットとも呼ばれます。

ダイニングセットの種類

ダイニングセットには、いろいろな形があります。基本は四角形ですが、中でも一般的なのが長方形です。

長方形のテーブルは面積も広く、料理をたくさん並べることができるので、4-5人家族に最適です。その他のタイプとしてあるのが、正方形で、こちらは2-3人の家族向きです。スペースをムダにとらずリビングを広々と使えます。

また、最近人気のダイニングセットとして、丸いテーブルもあります。丸いと家族が寄り添って座ることができコミュニケーションが弾みます。圧迫感がなく、ダイニングが広く感じられるのも丸いタイプのメリットです。

外見の形状のほか、素材もダイニングセットの重要な要素です。

値段でいくと一番安いのが、合板(薄くはいだ木を接着したもの)やMDF材(木材を繊維状にほぐして、ボード状に成型したもの)。その次が、断面寸法の小さい木材を接着剤で再構成する集成材。最も高価なのが、伐採した自然の木材を削って整えた無垢材になります。

同じ無垢材でも、使っている木の種類や、「一枚ものかどうか」などによって、値段は大きく異なりなります。

ダイニングセットの選び方

ダイニングセット選びの最も基本的なポイントとして、「大きさ」と「高さ」があります。

まず「大きさ」ですが、食事をするには横幅が60cmで奥行き40cmのスペースが最低限必要といわれています。これを基準にして考えると、片側に2人ずつで4人が座って食事をするテーブルだと、横120cmで縦80cmはないと窮屈です。

また、高さについては、日本人の身体のサイズから、日本で販売されるダイニングテーブルの標準は70cmとされています。海外メーカーのものですと、5cmほど高いこともありますし、チェアでなくソファでつかうロータイプのダイニングセットですと、テーブルは逆に5cmほど低くなります。使い心地に直結する要素ですから、購入にあたっては実際のセットに座って、高さを確認する必要があります。