お得を探そう!東京の家具屋さんガイドブック » 部屋から選ぶインテリアのセール情報ブック » リビング家具の選び方マニュアル

リビング家具の選び方マニュアル

上手に使いこなして、おしゃれなリビングづくりを

リビングの家具について、種類・素材の特徴や選び方をまとめています。リビングのコーディネートのポイントになる、次のようなアイテムについて紹介しています。

ソファー

ソファーについては次の6つを取り上げています。

ソファーとベッドの両方に使える優れもの「ソファーベッド」。寝そべってポテトチップスを食べながらテレビをみるのにぴったりの「カウチソファー」。自分の好みの角度で固定して、寄りかかって座ることができる「リクライニングソファー」。脚がない、もしくは脚が短く、軽くて扱いやすい「ローソファー」。L字型に組み合わせて、部屋の角を演出することができる「L字ソファー」。「座る」という機能性だけでなく、「魅せる」という効果を発揮して部屋を演出する「デザイナーズソファー」。ソファーや椅子の前に置いて足をのせるソファー「オットマン」。それぞれの基本情報を解説しています。

それから「革」「合成皮革」「布」「ビニール」といった、ソファーに使われるおもな素材の長所や短所についてまとめています。

テレビ台

大型のテレビの普及を背景に、リビングでの存在感を増してきたテレビ収納家具。ハイタイプ・ロータイプ・コーナータイプ・伸縮タイプ・オープンタイプ・クローズドタイプなど、一緒に収納したい機器や外見の好みに応じて選ぶことができる様々なタイプのテレビ収納家具を取り上げ、特徴を解説しています。

また、選び方については視聴する場所とテレビ台の高さの関係などについてアドバイスしています。

リビング収納

押入れやクローゼットに収納しきれないときに活躍するリビング収納家具として「シェルフ」「突っ張りラック」「引き出し式の収納ラックやチェスト」などを紹介。また、リビングのインテリアと合わせた商品選びの大切さについてまとめています。

クッション・カバー

インテリアのアクセントとなるクッション・カバーについては、枕に使われてきた「パンヤ綿」、最もよく使われているクッションの素材「ポリエステル綿」、ふわふわした使い心地が人気の「ビーズ」、弾力性が特徴の「フェザー」、水鳥の胸のあたりに密生する細かい羽毛「ダウン」といった素材について、肌触り、吸湿性、値段などを説明。それとあわせてクッション・カバーを使ったインテリアコーディネート、色使いのコツをレクチャーしています。

カーペット・ラグ

カーペット・ラグに関しては、素材(綿、ポリエステル、ウール、アクリル、シルクなど)とテクスチャー(光沢、色柄、手触り、パイルの高低、組織、密度)による質感や肌触りの違いについて解説しています。

さらに、知っておくと役に立つ2種類の作り方「織物」、「刺繍物」、購入にあたっての注意ポイント(にせもの、粗悪品の存在)についても言及しています。

ここで取り上げた家具やアイテムを上手に使いこなせば、「ナチュラル系」「カジュアル系」「ウッドテイスト」「カフェ風」「フレンチカントリー」など、様々なテイストにリビングを演出することができます。

インテリアをテーマ別でおしゃれにコーディネート

引っ越しや部屋の模様替えを機に、お部屋の雰囲気をおしゃれに可愛く変えたいけど、どうしたらよいのかわからないという方は、最近人気のあるテイストを参考にするのがおすすめです。ここでは、テーマ別でおしゃれにリビングをコーディネートするポイントをご紹介します。

北欧風

「北欧インテリア」や「北欧デザイン」はここ最近で一躍大ムーブになり、流行に敏感な人なら一度は耳にしているワードだと思います。

北欧とはヨーロッパの北部地区にある、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、アイスランドの五か国をさすことが多いです。冬になると厳しい寒さが長く続くので、家の中でも快適に過ごせるようにインテリアにもこだわりが強くなったと言われています。

北欧デザインでリビングをコーディネートすると、ナチュラルな雰囲気の中に、明るく楽しい色を散りばめたおしゃれな部屋になります。基本カラーはナチュラルな白です。具体的に言うと、インテリアや小物で明るい色や柄物を取り入れて、北欧スタイル部屋にしていきます。

フレンチカントリー風

フレンチカントリーとは、フランスの田舎や田園風景の中に建つ、田舎風のテイストのことです。エレガントでどこか可愛らしい、カフェのような雰囲気が素敵なフレンチカントリーです。

基本カラーはホワイトやベージュ、薄いピンクやイエローです。椅子やチェストなどのインテリアは部屋作りの大きなポイントになります。

丸い曲線のフォルム、素朴な色合いの木製チェア、鉄製の錆のあるシャビ―シック塗装が施されているインテリアを取り入れると、一気にフレンチカントリー風の部屋に変化します。

また、アクセントとして、鳥かごやランプシェードを窓際に置くと、よりフレンチカントリーな雰囲気が漂います。

スタイリッシュなモダンスタイル

リビングの部屋を変えるときに、ハイセンスでシンプルな部屋にしたいと考える人は多くいます。モダンスタイルとは、近代的な新しさを意味しますが、解釈は広く捉えられています。

飾り気がなくシンプル、直線的で斬新なデザインを基本とし、色や素材をバランスよく組み合わせしていく空間を、モダンスタイルと呼びます。モダンスタイルの第一歩として取り入れやすいカラーが、モノトーンです。黒、グレー、白を使って部屋をまとめると、モダンスタイルになります。

生活感のなさがポイントなので、一見冷たさが残る部屋ですが、そこにアクセントとして赤や柄物の小物を取り入れると、おしゃれさがグッと増します。

西海岸風

西海岸風スタイルは北欧デザインと同様、ここ最近で一気にブームになりました。特にSNSなどのメディアでも大きく取り上げられ、おしゃれなモデルやショップ店員がこぞってこのスタイルを取り入れ、写真をアップしているのも大きな要因となっています。

西海岸スタイルはインテリアだけにとどまらず、洋服やファッションのスタイルとして、根強い人気があります。西海岸風スタイルは、海を感じさせる開放的なサーフスタイルで、温かい太陽と海辺のリラックスした雰囲気を大切とします。インテリアにこの要素をうまく取り入れて、西海岸を感じさせる部屋を作っていきます。

具体的な方法として、ソファーやクッションにはデニム生地のものを使用し、海モチーフな小物を部屋に飾りましょう。マリンテイストな置物や、サーフボードなど、西海岸の家にありそうなものなら何でも良いでしょう。

CONTENTS
大型家具店のバーゲン&セール(フェア)