お得を探そう!東京の家具屋さんガイドブック » 部屋から選ぶインテリアのセール情報ブック » キッチン家具の選び方マニュアル

キッチン家具の選び方マニュアル

憧れのキッチンを演出する家具選びのあれこれ

キッチン家具の選び方について、商品のカテゴリごとに、種類やそれぞれの選び方を解説しています。

キッチンまわりの顔となる食器棚をはじめ、キッチンボード、キッチンワゴン、キッチンカウンターをピックアップしています。

食器棚

底板と天板があって、棚板で区切られており、扉を開閉して使うということを食器棚の基本的な構造とし、次の5つのタイプがあることを紹介しています。

  1. 柔軟に自分の思いどおりに構成できる低い食器棚を積み重ねた「上下積み重ねタイプ」
  2. 広さが充分でないキッチンにおいても圧迫感を与えない「薄型タイプ」
  3. 中世ヨーロッパに起源を持つ長方形の木箱を原型とする「チェストタイプ」
  4. 天板の上を電子レンジやオーブントースターの設置スペースに想定した「レンジ台タイプ」
  5. 食器棚で一般的となっている観音開き戸ではなく引き戸になっている「スライド式扉タイプ」

また食器棚の選び方として5つのポイントから検討し、自分に合ったものを選ぶことをアドバイスしています。

<ポイント1>置き場所

ダイニングに置く場合、キッチンに置く場合、電子レンジなどの調理器具まで収納した場合など置き場所で選択肢が異なることを説明しています。

<ポイント2>収納力

「いちばん大きい皿を収納する奥行があるか」「棚の内寸は足りているか」など、収納力のチェック方法を解説しています。

<ポイント3>外寸&高さ

予定している室内のスペースに、食器棚の外寸が収まるかや、利用する家族の使い易さなどへの配慮を提案しています。

<ポイント4>棚板

棚板の柔軟性や強度の重要性を強調しています。

<ポイント5>扉の種類

洋家具に多い、「開き戸」、和家具に多い「引き戸」、観音開きともいわれる「両開き戸」などがあることを紹介しています。

キッチンボード

キッチンボードの定義として「上下が収納棚になっている」「はさまれた部分に扉がない」「炊飯器・電子レンジなどの調理家電を置いて調理ができるようになっている」と説明しています。

そのうえで、炊飯器を置いたり、ご飯をよそう時にふたをあけられるようにする都合上、前方に引き出すことができるように、スライド式の棚が付いている商品があることや、湿度変化への対応力、水蒸気の吸収・放出、結露防止効果のある天然素材モイスが出回っていることも紹介しています。

キッチンワゴン

いろいろな物を収納できるうえに、作業台にもできるなど、使い方の幅広さで重宝されるキッチンワゴン。

素材については、メタルや木がメインではあるものの、熱い鍋が置けるように、天板が耐熱性のある素材になっているものがあることや、「棚タイプ」「引き出しタイプ」「ワイヤーバスケットタイプ」などいろいろな収納スタイルがあることを記述しています。また移動して使うために付いているキャスターに関して、あちこちに移動させる場合は、片方向にしか動かせないものでなく360度動かせるものを選ぶべきであることを推奨しています。

キッチンカウンター

収納としてだけでなく、作業台や間仕切りとしても使えるキッチンカウンターの有効性を紹介しています。

キッチンボード、ワゴン、カウンターの選び方はこちら

CONTENTS
大型家具店のバーゲン&セール(フェア)