HOME » 部屋から選ぶインテリアのセール情報ブック » ダイニングテーブル

ダイニングテーブル

ダイニングテーブル選びのポイント

ダイニングテーブルには、いろいろな素材があり、それによって値段や使い勝手、耐久性が異なります。素材は大きくわけると、木かガラスです。ガラスはおしゃれですが、冬は冷ややかですし、食器の置いたときの音など、気にする人も少なくありません。

ダイニングテーブルの種類

基本は木のダイニングテーブルがおすすめだと思います。主に次のような木材が、ダイニングテーブルの材料として使われています。

  • パイン…節が多く素朴な外見と雰囲気が人気。色は白っぽく、質感は柔らかめ。
  • メープル…独自の光沢がある。硬めの感触が特徴的。
  • チェリー…薄い茶色が持ち味。使うほどに味わいを増す。
  • ウォールナット…木肌と色調が美しい。楽器にも使われる高級銘木。
  • オーク・・きれいな木目が印象的。ダイニングテーブルで最もよく使われる木のひとつ。

材料に続いて、ダイニングテーブルを見るときに、チェックして欲しいポイントとして「形」があります。

ダイニングテーブルの形は、2つしかありません。「四脚」と「T字脚」です。天板の四隅に脚がついた「四脚」は、最もポピュラーなスタイルです。「四つの方向から椅子が入れられる」「四隅で支えるので横揺れが少ない」「テーブルの下に何もないので、足を伸ばすことができる」といった長所があります。

両サイドにT字の脚がついているのが「T字脚」です。日本独自のスタイルのもので量販店などでよく見かけます。「テーブルの角に脚がないので、イスを大きくひかなくても出入りできる」「四脚よりも、脚の接地面積が大きいぶん、安定感がある」といった点が特徴的です。

ダイニングテーブルの選び方

ダイニングテーブルは、最も家族が集まる場所のひとつ。ですからダイニングテーブルを選ぶには、「家族とどんな暮らしをしたいか」をイメージすることが大切です。

たとえば、シングルや二人暮らしの方。家の中の特別席として、小さくてデザイン性の高いテーブルを置くのがおすすめの1つです。一日の終わりや週末に、彼氏彼女と親密な時間をこのテーブルでおくる!そんな場面を描きながら好みのテーブルを探してみてはいかがでしょう。

あるいは、小さい子供といっしょに暮らす方なら、子供との過ごし方をイメージしてみてください。「子供がいるときは宿題をしているけど、子供が学校に行っている間はママが趣味を楽しむスペースに・・・」そんなシチュエーションを想像すると、暖か味いっぱいの天然素材でできた大きめのテーブル!が浮かんできたりしませんか?

こんな風に、自分の暮らしを想い描いてみてください。ショップに足を運んで、多くの商品を見てみれば、コレ!というダイニングテーブルがきっと見つかりますよ。