お得を探そう!東京の家具屋さんガイドブック » 部屋から選ぶインテリアのセール情報ブック » ダイニングチェア

ダイニングチェア

ダイニングテーブルとの「高さの関係」が重要

どうしてもテーブルのほうが大物感がある分、おざなりにされがちなダイニングチェア。長く使うものですから、しっかりと選択していただきたいと思います。

ダイニングチェアの種類

ダイニングをデザインするために大切なのがテーブルと椅子。テーブルと比較すると存在感は薄い椅子ですが、周囲の家具と調和させるために欠かせない存在です。ここではダイニングチェアの種類やメリット・デメリット、選び方のポイントをまとめています。合わせたいデザインによって必要なダイニングチェアは異なるため、素材や座面、ひじ掛けなど色々な部分を考えて選ぶのが大切です。

<素材>

ダイニングチェアの素材としては、「木材」「プラスチック」「メタル」があります。チェアパッドをしいて、座るのが基本ですから、素材による差は大きく出にくいのですが、プラスチック製のものについていうと、他の素材よりも感触についての好みの差が個人によって大きいようです。

木材
チェアに限らず家具に一番利用されているのが見た目や手触りにあたたかみを感じられる木材です。シンプル、カントリー、モダンなどデザインを選ばずしっくりくる素材。ただし、オール木材だと長時間座るときにお尻が痛くなってしまうという問題点があります。
プラスチック
軽くてカラフルプラスチック素材のチェアは、バリエーションの豊かさが特徴。お手入れがしやすく、清潔感のある印象を与えてくれます。硬めの素材なため、座り心地は今一つ。長時間座るならクッションを組み合わせて使うのがいいかもしれません。
メタル
見た目がスッキリしていてスタイリッシュなメタルは、モダンやカントリーなどどんなデザインにも合わせやすい素材。洗練されたデザインを際立たせるならメタルがおすすめです。しかし木材やプラスチックに比べ重たいので、移動しにくいというデメリットも。

<座面や背面>

座面や背面が「ファブリックで覆われたもの」と、「素材がむき出しのもの」があります。ファブリック張りになっていると、優しいイメージになり、いろんな素材のテーブルとあわせることができます。

一方、素材がむき出しとなっていると、その素材の個性がストレートに表現された印象となります。座り心地も硬くなりますから、通常は、チェアパッド(座布団にあたるもの)を敷いて使います。

ファブリック張りになってしまっていると、クリーニングには手間がかかりますし、張り地を交換しなくてはならないのでイメージチェンジは容易ではありません。一方、、素材むき出しのものは、チェアパッドを手軽に交換することで、印象を帰ることができます。

ファブリック
質感や色の幅が広いファブリックは、部屋にソフトな印象を与えるのに最適。汚れた場合でもすぐにふき取れたり、取り外して丸洗いできたりと綺麗にしやすいのも人気の理由です。ただ油染みや土汚れに弱いため、頻ぱんに汚す可能性があるなら避けるのが無難かもしれません。
皮革
本革・合成の2種類あり、使い込むほどに味が出る一品。汚れを吸収しにくいことが特徴で、チェア一つでモダンな空間を演出できます。値段の高さはもちろん夏場はべたつきや劣化があるため、合成皮革は定期的に張り替えないといけないのがデメリットです。
木製
座面が木でできたチェアは木のあたたかみを感じることができるほか、汚してもサッと拭き取れて掃除が簡単。座り心地があまり良くないため、クッションやカバーを使ってアレンジするのがいいでしょう。
プラスチック
座面がプラスチックのチェアはカラーバリエーションの多さから、どのデザインにも合わせやすい品となっています。身体にしっかりフィットする作りですが、素材の硬さから長時間の使用には不向きなチェア。クッションで座り心地を調整すると長く座れます。

<肘掛け>

ダイニングチェアにアーム(肘掛)付きのタイプとアームレスタイプのものがあります。どちらかというと、アームレスタイプが主流です。しかし、アームタイプのほうが、ホールドされる、いいかえると「包み込まれている感じがあって、より落ち着く」という意見もあります。また子供用のダイニングチェアにはアーム付が多く、落下防止を目的としているようですね。

肘掛けがあるチェアは腕を置いて疲れないようにすることもできます。反対に無いチェアは移動させるのが楽なうえにどんなテーブルにも合わせやすいといったメリットが。ただしそれぞれの長所がそのまま短所に変わるので、デザインや使う目的に沿ったものを選びましょう。

ちょうどいいサイズの選び方

ダイニングチェアを選ぶ際、テーブルとチェアの高さをしっかり確認することが大切です。使っているテーブルをそのまま使うのか、新しく購入するのかだけでも質感や使い心地が全く異なるので、「デザインは好みだけど使いにくい」なんてことがないようにしっかり確認しましょう。

使い心地の良さには高さやスペースが重要

使い心地の良いテーブルとチェアを選ぶためには高さやスペースを確保する必要があります。高さはテーブルの天板からチェアの座面までの高さを示す差尺から決定。ダイニングチェアは自分の身長の1/4程度が望ましく、差尺がおよそ27~30cmとなるのが理想とされています。

チェアの高さはカタログに記載されているため、自分の身長やテーブルに合っているか確認可能です。

もうひとつ大事なのがダイニングの通路スペース。居心地の良さや使い勝手の良さは座ったときだけではわかりません。椅子を引いたりしまったりといった動作をストレスなく行えるかどうかも重要です。

ダイニングチェアに座る場合テーブルから50cm、後ろに引く場合は75cmの幅が必要。テーブルと椅子だけでぎゅうぎゅう詰めの部屋だと、誰かが通るたびに椅子を引くことになります。座っている椅子の後ろを無理なく通るには90cmのスペースがいるので、通路スペースも考えたうえでテーブルとチェアを決めると良いでしょう。ひじ掛けがある場合は椅子がしまいにくいため、ひじ掛けのサイズをプラスした広さが必要になるので注意してください。

購入前に実物を見て確認しましょう

座り心地には個人差があり、何を快適だと感じるかも人それぞれ。購入してからでないと使いやすさはわかりません。やはり一度は実物を見て、体験してみるのが一番でしょう。購入前に店舗へ行き、どの組み合わせが使いやすいのかじっくり探しましょう。

子供用ダイニングチェアの選び方

子ども用のダイニングチェアを選ぶ基準は高さや機能、テーブルの有無、デザイン性などさまざま。最近は種類が豊富で悩んでしまう方も多いようです。どこでどう使うのか具体的にイメージしながら探すと、ピッタリのものを見つけやすくなりますよ。

<乳幼児用>

乳幼児は動き回ることが多いため、ケガの防止や汚れに備えたテーブル付きのチェアが便利。抜け出しにくい作りになっているため、いたずら防止になります。長期間使えるように、座板と足置き板を動かせるタイプも多いです。床や椅子の上に置いて使える2WAYタイプのテーブル付きチェアも販売されており、食事の際も床にこぼす心配がありません。

<小学生用>

小学生の身長だと普通の椅子ではテーブルが高く感じるため、高さのある椅子を使って調節するのがベスト。身体を作っている時期なので、集中力や綺麗な姿勢を保つために足が地に着くような椅子がおすすめです。買った椅子が合わない場合はクッションで調節するのが◎。しかし体が安定していない危険な時期なので、椅子やクッションも安定感のある丈夫なものを選びましょう。

ダイニングチェアおすすめブランド

カール・ハンセン&サン

カール・ハンセン&サンの商品画像

画像引用元:TABROOM(https://tabroom.jp/chair/dining-chair/itm0010625/)

Yチェアの愛称で親しまれるCH24チェアの製造元、カール・ハンセン&サン。北欧家具のメーカーとして創業100年を超える老舗です。カール・ハンセン&サンの商品は全てデンマーク国内で作られ、世界各国に輸出されています。

ハンス・J ・ウェグナーの家具を最も多く生産しているメーカーとして知られており、ほかにもモーエンス・コッホやコーア・クリントなどデンマークを代表するデザイナーの名作を販売。中でも1949年にデザインされたCH24(Yチェア)は今なお生産が継続され、60年間愛され続けています。オリジナルの形はそのままに木材やカラーを変えたシリーズも売られており、バリエーションが豊富な製品。日本でも愛好している方が多いのが特徴です。

カタログ参考価格:82,080~146,880円

柏木工

柏木工の商品画像

画像引用元:TABROOM(https://tabroom.jp/chair/dining-chair/itm0004889/)

柏木工は上質な天然木を扱う飛騨の家具メーカーです。匠の技である「曲木技術」を用いた家具はどれも一級品。ろくろ旋盤加工やざぐり旋盤加工で作られた椅子はしっかり体にフィットするのが特徴です。完全受注生産で顧客の要望を徹底的にヒアリングしたうえでつくるため、自分だけの家具が手に入ります。代表的な製品がオーク材とウォールナット材を組み合わせた「シビル」シリーズ。スピンドル構造になっており、現代日本デザインの椅子として海外にも多く輸出されています。特にダイニングチェアは座る部分が広いので子どものテーブル代わりにもなると好評。さまざまなクッションを組み合わせることで、色々な使い方ができるチェアとなっています。

カタログ参考価格:41,000~50,000円

フリッツハンセン

フリッツハンセンの商品画像

画像引用元:TABROOM(https://tabroom.jp/chair/dining-chair/itm0012921/)

北欧デンマーク家具の代名詞ともいえるフリッツハンセンは、1872年創業の有名メーカー。創業時から変わらないチャレンジ精神を持ち、多くの家具を作り続けている会社です。大学図書館やコペンハーゲン市庁舎など大規模施設の家具を手掛けており、豊富な実績があります。現在は公共・家庭のどちらでも使えるスタイルの家具をデザインしており、ビジネスと小売り両方の市場で人気を博しているメーカーです。

フリッツハンセンの名作家具として名高いセブンチェアは、9層の成形合板を使った背座一体の椅子。丈夫でよくしなる構造となっており、背部の背もたれは寄り添うような馴染みかたで長時間座っていても快適に過ごせます。軽量で丈夫、重ね置きができることから世界中の施設で使用されている人気のチェアです。

カタログ参考価格:52,000~74,000円

>>東京近郊で行われる家具屋バーゲンの情報はこちら

ダイニング家具の選び方はこちら

CONTENTS
大型家具店のバーゲン&セール(フェア)