HOME » 部屋から選ぶインテリアのセール情報ブック » カーテン

カーテン

カーテンが持つ「機能」と「効果」をおさえておこう

部屋の雰囲気におもっていたより大きな影響を与える、ちゃんと揃えるとそれなりの費用がかかってしまう、カーテンの選び方を紹介します。

カーテンの種類

■ダブルカーテン

最もよく見かけるカーテンで、厚手のドレープとレースカーテンを組み合わせているスタイルのカーテンです。ドレープのひだはドレスのうように見た目の美しさもさることながら、暖かい空気の層を抱きこむといった断熱性、遮光性、防音性を発揮します。反して、レースカーレンは色褪せしづらいという特徴に踏まえ頑丈なので、手入れしやすいというメリットがあります。またレースカーテンは、繊細な刺繍や模様で室内を優しく演出してくれます。最近はドレープカーテンとあわせなくても、外から中がみえにくい加工がされたものもあります。

■ロールカーテン

布を上に巻き上げて収納するカーテンです。すっきりと開け閉めできるので、人気です。用途は幅広く、窓周りだけでなく、間仕切りや見せたくないものの目隠しとしても使われます。

■ブラインド

スラットと呼ばれる羽根を回転させる、窓からの光をコントロールするブラインド。スラットが横に並んでいるタイプと、縦に並んでいるタイプがあります。アルミ、樹脂のほか、木、布など様々な素材があり、用途や求める雰囲気に合わせて選ぶことができます。たとえば、天然木なら、アジアンテイストにあう重厚な空間を演出してくれます。また、アルミ素材なら、シャープですっきりした部屋に仕上げることができます。

■シェード

上下に、広げた布を昇降させて使うシェード。不要な時は畳んでおけます。生地そのものの柄や味わいを楽しみたい方に支持されています。

カーテンの選び方

カーテンを上手に選ぶにあたっては、そもそもカーテンが持つ機能をきちんと知っておくことが大切です。

カーテンの機能の1つめとしてあげられるのが、「採光量のコントロール」。光を入れたいならレース、光を遮りたいならドレープカーテンです。

2つめの機能は、「視線のコントロール」です。カーテンには、外から室内への視線をさえぎることで、プライバシーの保護効果があります。

3つめは、「インテリアを演出する機能」。カーテンの素材や柄が、部屋の雰囲気に大きく影響します。

そして4つめが防音効果。窓ガラスに加えてカーテンがあることで、外から室内へ漏れてくる音は大きく低減されます。外の騒がしさが気になる人は、厚い生地のカーテンを選ぶといいでしょう。