HOME » 部屋から選ぶインテリアのセール情報ブック » キッチンボード・ワゴン・カウンター

キッチンボード・ワゴン・カウンター

役割をきちんとこなす名脇役を選ぼう

キッチンボード、キッチンワゴン、キッチンカウンターの購入を検討する方に、各商品の基礎知識やおすすめの選び方を紹介します。

キッチンボードの選び方・使い方

キッチンボードとは、食器棚の一種ですが、「上下が収納棚になっていて、はさまれた部分に扉がなくて、炊飯器・電子レンジなどの調理家電を置いて調理ができるようになっている」といったものをいいます。炊飯器を置くので、ご飯をたく時に出る蒸気を外に逃がす、あるいはご飯をよそう時にふたをあけられるために前方に引き出すことができるように、スライド式の棚が付いているものも多くあります。炊飯器、スチームオーブンなどの蒸気にさらされるため、湿度変化に対応しながら、水蒸気の吸収・放出をし結露を防いでくれる、モイスという天然素材を使った製品が出回っています。

キッチンワゴンの選び方・使い方

いろいろな物が入れられて、作業台にもできるなど、使い方の幅広さで重宝されるキッチンワゴン。素材はメタルや木で、使う場所や好みで選ぶことができます。また、熱い鍋が置けるように、天板が耐熱性のある素材になっているものもあります。

また収納スタイルとして、棚タイプのものと引き出しタイプのものがあります。その他、水気のある野菜などを置くことを想定して、ワイヤーバスケットになっているものなどもあります。

キッチンワゴンというと、移動して使うために、キャスターがついていますが、片方向にしか動かせないものと、360度動かせるものがあります。定位置に置いておいて、清掃時にちょっと手前に引き出す程度なら問題はありませんが、あちこちに移動させるなら360度動かせるものを選ぶと便利です。

キッチンカウンターの選び方・使い方

「キッチンの収納が足りない」、「備え付けの棚が使いづらい」といった時は、食器棚の買い換えが一般的ですが、キッチンカウンターの設置も検討する価値ありです。キッチンカウンターは、収納としてだけでなく作業台としても使えますから、「もっと料理のためのスペースが欲しい」という場合も大いに役に立ってくれます。さらに背面をきれいに化粧仕上げしてあるタイプのものなら、間仕切りとして使うことができるというメリットもあります。

キッチンボード・ワゴン・カウンターなどは、食器棚が主役とすれば、キッチンの脇役かもしれません。でも脇役だからこそ、求める役割を確実に果たしてもらわなくてはいけません。実際の商品を比較検討して、自分の要求にしっかりと応えてくれる機能を持つ商品を選びたいものです。